自分で考えて
何でもチャレンジできる。
M.F
部署:セールス
担当ブランド:トラベル雑貨、エシカル
勤務地:東京
入社年:2019年

M.F

店舗に行くことが営業のヒント

現在はブランド戦略部に所属していて「MOTTERU」「gowell」「leafflesh」を中心とした小売り商材を取り扱っています。 実際に店舗に足を運んで商品を提案したり、売り場視察から次の企画のヒントを得たりしています。 店舗の売り上げを上げるためには先方担当者から情報を引き出す必要があるので、何度も足を運んで信頼関係を築けるよう意識しています。仲良くなると競合商品の売れ行きなど様々な情報を聞けるので、今後もたくさん店舗に足を運んで関係を深めていこうと思います!

自分で考えて何でもチャレンジできる

提案した商品を導入してもらえたり、売場の棚割りを任せていただけるときにやりがいを感じます。あとは実際に店頭で消費者が当社の商品を手に取って購入しているのを見ると、頑張ってよかったな~と感じられます。 ブランド戦略部の仕事の面白さは自分で考えて何でもチャレンジできる点ですかね。 例えば、店頭の販促を支援するPOPデザインを自分で考えてデザイン会社に依頼してみたり、季節のイベントに合わせて商品のパッケージを期間限定バージョンにしてみたり。エコバッグが1番売れる母の日に合わせてカーネーションをモチーフにしたパッケージにしたときは社内のみんなや顧客からの評判も良くて、内心すごい嬉しかったです(笑)

M.F

思っている以上に自社商品への思い入れが強くなっているみたいです・・・

私は仕事中に限らずプライベートでもエコバッグ売り場に立ち寄ってしまうときに職業病だなと感じます。近所のスーパーとかコンビニでもエコバッグを当たり前に売っている時代になったのも関係あるかもしれませんが、ふらっと売り場を見てしまいますね。そこで当社の商品が売っていたら嬉しいし、競合の商品があればなんだか悔しい。自分で思っている以上にMOTTERUへの思い入れが大きくなっているのかもしれません(笑)

情報の発信者になりたい!

自分がセールス活動で得た現場の声を今よりもっと部全体で生かせるようにしたいという目標があります。 1年目の頃は自分のことで精一杯でしたが、業務に慣れ少しずつ余裕が生まれてきた中でぼんやりとこの目標を持つようになりました。
私は小売店をメインで担当していて店舗に直接アプローチするので、他のセールスと比べて現場の意見や市場の動きをいち早くキャッチすることができます。 リテールセールスにとって現場の声は何よりも欲しい情報だと思うので、 みんなのセールス活動に生かせるように発信したいと思うようになりました。 どんな情報があれば生かしやすいか、どのように共有していけばいいかはまだ模索中ですが、自分で考えてメンバーにヒアリングしながら正解を見つけていきたいです!

セールスの意見を反映して商品が作れる!

セールスの意見を反映して商品を作れるのはトレードワークスならではですね。 小売りの新商品を作るときは商品開発と一緒に意見を出し合ったり、パッケージイメージを考えたりしています。逆に私たちセールスからこんな商品がほしい!と要望を出すこともあります。セールスが持っている顧客ニーズと商品開発のモノづくりのノウハウが一体となってより良い商品を生み出せる環境がトレードワークスの強みだと思います。
今後もより良いヒット商品を生み出せるように市場の流行や店舗のニーズを逃さないようにしたいです!

M.F
OTHER MEMBERS
S.T
マーケティング&
ウェブサイト運営
S.T
L.D
製品調達
L.D
T.S
セールス
T.S
R.N
セールス
R.N
K.S
セールス
K.S
A.S
セールス
A.S
R.O
セールス
R.O
Y.N
商品開発
Y.N
Y.I
セールス
Y.I
M.F
セールス
M.F