次世代タバコ事業

VAPE(電子タバコ)や加熱式たばこといった次世代タバコは、従来の紙巻たばこに比べて健康を害するリスクが非常に低いと考えられ、副流煙や嫌なにおいも無く、周りの方への影響も少ないとされています。そういった次世代タバコ関連商品を多くの人々に知ってもらう為、直営店舗である電子タバコ専門店vape studioをはじめ、全国の専門店や量販店への卸し事業などを通して、初めて電子タバコを使用される方から上級者の方まで、多くの方にご満足して頂ける商品ラインナップを取り揃えております。

製品カテゴリー

加熱式たばことは

たばこ葉やたばこ葉を用いた専用のスティックやカプセルを、火を使わずに専用のデバイスを用いて電気加熱することで煙を発生させます。
製品によって加熱の方法や加熱温度など異なりますが、副流煙はほとんど発生せず、紙巻きタバコに比べて、身体に影響する有害物質を大幅に削減している点で共通しています。
次世代タバコの中核として注目されているのがこの加熱式タバコです。

Vape(ベイプ)とは

VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に大流行している次世代タイプの電子タバコです。
フレーバー付きのリキッド(液体)を電気の力を使って熱することで水蒸気を発生させ、それを吸って楽しむものです。
火を使わないので火事になる心配も無く、吸殻のようなゴミや嫌な臭いも発生しません。更にニコチンやタールも含まないので受動喫煙の心配もなく日本でも禁煙を目的に年々利用者が増えています。

VAPE(ベイプ)、電子タバコって何??

VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に大流行している次世代タイプの電子タバコです。フレーバー付きのリキッド(液体)を電気の力を使って熱することで水蒸気を発生させ、それを吸って楽しむものです。

圧縮した煙草の葉を熱して吸引するiQos(アイコス)などの加熱式電子タバコとは異なり、VAPE(ベイプ)の煙(水蒸気)にはニコチンやタールなどを含んでいない為、イギリスなどの欧米などでは健康的な禁煙補助具としても推奨されております。

また、嫌な臭いや吸い殻などのゴミが出ない点からも、本来は禁煙だけどVAPEなら吸っても構わないという飲食店なども増えてきております。
電子タバコと聞くとiQos(アイコス)を思い浮かべる人は多いかと思いますが、実はiQos(アイコス)が登場するよりもずっと以前にVAPE(ベイプ)は誕生しています。 欧米諸国では空港やコンビニエンスストアでもリキッドを買えるくらいに普及しており、お隣の韓国ではVAPEショップが4000件とも5000件とも言われております。

電気の力で液体のリキッドを気化させて発生した水蒸気を楽しむVAPE(ベイプ)は、火を使わないので火事になる心配も無く、吸殻のようなゴミや嫌な臭いが発生しない。更にニコチンやタールも含まないので受動喫煙の心配もありません。
ランニングコストも約480円程度の煙草を1日に1箱吸うペースで比較すると、煙草からVAPE(ベイプ)に完全に切り替えたら、費用が半分から3分の2程度抑えられるという計算結果も出ており、世界のみならず日本国内でも徐々に利用者が増えてきております。

また、タバコという言葉が付くので喫煙者が利用する製品なのかと思いきや、もちろん禁煙や節煙の目的でVAPE始める喫煙者もいますが、煙草を吸わない方がリラックス目的で使用したり、ファッションアイテムの一つとしてVAPEを始める方も増えてきております。
このように喫煙者だけじゃなく煙草を吸わない方でも楽しめて、多くのメリットを持っているVAPE(ベイプ)、今後も更に利用者が増加していくと思われます。