Safety
安全性について

煙草とは違うとはいえ、体内に煙(水蒸気)を入れるので不安に感じる方も多いかもしれませんが、リキッドで使用されている成分は、 ガムやキャンディー、ジュースなどの食品に使われている成分で作られています。 また、vape studioで取り扱っている全てのリキッドについては、検査機関にて安全性の検査を行っており、 もちろん合格した製品のみを販売しております。

VAPE(ベイプ)本体につきましても、海外の大手電子タバコ専門メーカーと直接取引を行うことによって偽物や粗悪品を排除し、製品の項目ごとに基準を設けることで安全面でも最大限に注意した商品のみを取り扱っております。

海外での事故のニュースをたまに耳にすることがありますが、粗悪品だったり異常に高い出力の電池を使っていたり、 本体を改造して使っていたり、安全性の担保がなされていない製品を使っている場合に稀に発生する事故ですので、 そういった事故を起こさない為にも常に安全、安心を心がけております。

VAPE LIQUID(電子タバコリキッド)と通常タバコとの比較

従来のタバコにつきましては、特に有害な物質としてタールが含まれております。タールは、フィルターに茶色く付着するヤニです。
タールには発ガン性物質として有名なベンツピレンをはじめ、アミン類など数十種類の発ガン性物質が含まれています。
それに対し、VAPE STUDIOで取り扱うVAPE LIQUID(ベイプリキッド、電子タバコリキッド・4種)には、タールはもとより、ニコチンも含まれておりません。(表-1)
VAPE STUDIOで取り扱うVAPE LIQUIDは、厳選された原料を使用しており、一部で問題となっている粗悪なリキッドとは一線を画しています。

厚生科学審議会(たばこの健康影響評価専門委員会)の報告に関して

2014年11月27日、厚生科学審議会(たばこの健康影響評価専門委員会)の報告において一部メーカーの電子タバコリキッドから、従来のタバコに比較して数10倍高いホルムアルデヒドが検出されたと報告されました。
A品では平均11mg(最大57mg)、およびB品では12.9mg(最大97mg)のホルムアルデヒドが検出されました。また、アセトアルデヒドも検出されています。
この報告を受けて、VAPE STUDIOでは、人気の高い8種のVAPE LIQUID(LF電子タバコ・リキッド8種)についてホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒドを定量分析しました。
その結果、VAPE LIQUID 8種のアセトアルデヒドは未検出、ホルムアルデヒドは平均0.5mg検出されました(表-2)が、厚生科学審議会で問題にしたA品のデータ値11mgの約22分の1のレベルであり、輸入タバコ(extreme)の主流煙1本あたりの値(0.543mg)程度のものです。
シックハウスなどの室内環境のホルムアルデヒドは、国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部、国際化学物質簡潔評価文書(ホルムアルデヒド)2005年で0.1mgとなっておりますが、シックハウスは一日中影響を受けるのに対し、電子タバコリキッドの場合は喫煙時に限られる一過性のものです。

より安全にご使用していただくために

使用する際にはVAPE LIQUIDを十分に浸透させてからご使用ください。 アトマイザー、コイルは消耗品です。使用状況、バッテリーのアンペア、コイルのΩにより耐用期間が異なりますが、おおよそ30mlから50ml程度の使用が交換の目安となります。のどがイガイガしたり、煙の量が減ったりした場合には、速やかにアトマイザーもしくはコイルを交換してください。

すべての商品は各メーカーから直接取り寄せており、 正規代理店証明書をいただいております。

トレードワークスは中国にグループ会社や多数サプライヤを持っているため、現地でのコネクションや通訳を利用して 直接電子タバコメーカーに足を運び、各サプライヤとの商談をし厳選された商品を取り扱っております。 そのためすべてが正規品で、どこよりも新製品をいち早く売り出せるように営業努力を進めております。 今後も全て安心してご利用いただける製品を取り揃え、お客様に安心できるよう努めてまいります。

■Liberty Flights (リバティフライツ)

LIBERTY FLIGHTS(リバティフライツ)は世界有数の電子タバコ、リキッドメーカーです。 なかでも品質基準の厳しいイギリスで高品質な商品を提供、直営店を20店舗展開し、ヨーロッパを中心に世界40か国以上で販売されており、多くのファンから愛されております。 従来のタバコに比べ、発がん性物質のタールも含んでおりませんので、健康への害が少なく、安心してお楽しみいただけます。初心者からリピーターの方まで幅広くご使用いただけるのがリバティフライツの特徴であるといえます。

■iSmoka (アイスモッカ) Eleaf (イーリーフ)

iSmoka(アイスモッカ)は2008年、中国の深センに設立された電子タバコメーカーです。 Eleaf istick(イーリーフ アイスティック)、Eleaf iJust D14などエレガントなデザイン、使いやすい設計、高出力のバッテリーを得意とするメーカーです。 またEleaf ikissなど女性にも使いやすく、持ち運びやすい・デザイン性の優れた商品があるのもiSmokaの特徴といえます。 現在はEleafとして商品をブランド展開しております。

■Innokin (イノキン)

Innokin(イノキン)は2009年に設立された高度な設計、技術革新を有する世界屈指の電子タバコメーカーです。 Innokin(イノキン)は中国・深センに10000㎡以上の工場をもち、アメリカ・カリフォルニア州にアフターサービス事務所と修理センターがあります。高品質水準を保つため、製品はISO9001・ISO14000・GMP・CE・RoHS・FCC他多数の認証を取得しております。CLKをはじめとする人気シリーズ、またバッテリー、アトマイザー、コイルとも得意としており、バランスのとれたメーカーです。リキッド用ステンレスボトルのU-CANや車載用カージャージャーのDRVなど、付属品を扱っているのも特徴です。

■aspire (アスパイア)

aspire(アスパイア)は2013年に設立された電子タバコメーカーです。 電子タバコを10年以上のノウハウを持ち、多くの商品を製造・販売しております。 Aspire ET-S Glass BVC アトマイザーやAspire Maxi BVC アトマイザーなどカラフルで機能性の高いアトマイザーを中心に取り扱う、言わずと知れた電子タバコメーカーです。

■Joyetech (ジョイテック)

Joyetech(ジョイテック)は2007年に設立された電子タバコメーカーです。 世界的大ヒットシリーズのJoyetech egripや吸い応え抜群のJoyetech EGO-ONE、 電子タバコの新しい提案Joyetech joye510cc、デザイン性の高いケースが特徴のJoyetech eroll-cなど 高品質、高デザイン商品を多数扱っております。爆炎で話題のJoyetech DELTA2 アトマイザーなども登場しており、今最も目が離せない電子タバコメーカーです。

  • VAPE(ベイプ)とは?
    VAPE(ベイプ)とは?

    VAPE(ベイプ)とは、欧米やアジア諸国を中心に大流行している次世代タイプの電子タバコです。

    さらに詳しく≫
  • 安全性について
    安全性について

    vape studioで取り扱う全てのリキッドは検査機関にて安全性の検査を行っており、合格した製品のみを販売しております。

  • 日本最大級の店舗展開
    日本最大級の店舗展開

    vape studioは初めてのお客様、女性のお客様でも安心して入りやすい店舗作りを心がけております。

    さらに詳しく≫

Copyright (C) 2009- TRADE WORKS CO.,LTD. All Rights Reserved.

TOPに戻る